時評(9月3日)

第1次安倍晋三政権が導入を決め、2009年に始まった「教員免許更新制」が廃止されることになった。教育現場の声も十分に反映されないまま政治主導でスタート、教員の負担増や効果が疑問視されてきた。廃止は妥当な判断だろう。 デジタル化など新時代に対.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録