【シッティングバレー】田澤、サーブで中国崩す パリへ「新たなスタート」

【日本―中国】第1セット、スパイクを決める田澤隼=幕張メッセ
【日本―中国】第1セット、スパイクを決める田澤隼=幕張メッセ
「試合ごとにチームで培ったプレーができるようになった」。シッティングバレーボール(SV)男子日本代表で、中心的な役割を担った田澤隼(弘前市出身、千葉パイレーツ)は、すがすがしい表情で初めてのパラリンピックを総括した。 開催国枠で出場した日本.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録