工大二高生、島守伝統の「みそ玉」研究 日本菌学会で成果発表

地域住民と仕込んだみそ玉の働きや今後の展望を発表する生徒
地域住民と仕込んだみそ玉の働きや今後の展望を発表する生徒
八戸工大二高(明石進校長)の3年生4人は、八戸市島守地区の住民と共に、伝統的手法で再現した「みそ玉」から採取した菌類について研究している。8月、オンラインで開催された日本菌学会第65回大会(学会主催)中高生ポスター発表に参加し、研究を通して.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録