官民混成チーム、危うい船出 デジタル庁、不正対策に抜け道

 デジタル庁の組織
 デジタル庁の組織
1日発足のデジタル庁は、民間出身者が職員の3割超を占めた。懸念されているのは、出身企業への情報漏えいをはじめとした不正の発生。直前にまとめた対策には“抜け道”があり、異例の官民混成チームは危うさを残したままの船出となった。 ▽批判 「公の調.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録