Free朝のニュースダイジェスト(9月2日)

【風間浦で9日遅れの始業式】
 台風9号から変わった温帯低気圧による大雨被害を受けた風間浦村内の小中学校で1日、予定より9日遅れて2学期の始業式が行われた。

 【八戸市商品券の引き換え始まる】
 新型コロナウイルスの経済対策として発行された八戸市プレミアム商品券の引き換えと利用が1日始まった。市内のスーパーや百貨店の窓口では、市民が商品券の引き換え購入に訪れた。引き換えは15日まで。

 【八戸の飲食店で時短要請始まる】
 新型コロナウイルス特措法に基づき、青森県が八戸市中心街の酒類を提供する飲食店へ要請した時短営業が1日、始まった。多くの店は営業終了のタイムリミットである午後8時までに店を閉じ、繁華街は静まりかえった。

 【トロール漁始まる】
 八戸港拠点の中型底引き網(トロール)船が1日、近海で今季の漁を始め、11隻がスルメイカを水揚げし、約113トンを販売した。不漁で品薄状態が続いており、木箱15キロ入りは高値で1万円を超えた。

 【貨物船船長を書類送検】
 八戸港沖でパナマ船籍の貨物船が座礁し、重油が流出した事故で、八戸海上保安部は1日、業務上過失往来危険の疑いで、中国籍の男性船長(41)を青森地検八戸支部に書類送検した。

お気に入り登録