出火36件、前年比3件減 八戸市上半期

八戸消防本部(田村勝則消防長)は八戸市の2021年上半期の火災と救急・救助の概要をまとめた。出火件数は36件(前年同期比3件減)で、死者3人(3人増)、負傷者20人(11人増)だった。 種別は建物22件、林野3件、車両1件。出火原因は放火が.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録