首相、政権延命最優先 総裁選の争点つぶし、主導権狙う

 菅首相の自民総裁選を巡る構図(似顔 本間康司)
 菅首相の自民総裁選を巡る構図(似顔 本間康司)
自民党総裁選を控え、菅義偉首相が政権の後ろ盾である二階俊博幹事長の交代を決断した。役員任期制限を柱とした党改革を掲げる岸田文雄前政調会長の「争点つぶし」が狙い。延命最優先に「非常手段」を繰り出した形だ。二階氏と距離を置く安倍晋三前首相や麻生.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録