アフガン戦争、失意の終焉 きしむ米、タリバンと明暗

 タリバンの歴史とデータ
 タリバンの歴史とデータ
アフガニスタンで20年続いた「米史上最長の戦争」は、イスラム主義組織タリバンの政権奪還と米兵らの命を奪った自爆テロという失意の終焉(しゅうえん)を迎えた。バイデン米政権を包む挫折感。テロ情報を過小評価していたとの機密も漏れ、きしみも露見した.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録