「ラムダ株」本格上陸に懸念 謎多い変異株、水際対策の強化注目

 日本で見つかった主な変異株(写真は国立感染症研究所提供)
 日本で見つかった主な変異株(写真は国立感染症研究所提供)
南米由来の新型コロナウイルス変異株「ラムダ株」の本格的な日本上陸が懸念されている。7月には、東京五輪のため入国した30代女性の陽性が判明。国内で猛威を振るっているインド由来のデルタ株など、流入した変異株は感染爆発を起こしかねない。ラムダ株も.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録