「命守る『提案』続けたい」 岩手、元消防署長の決意

 災害対策について話す佐々木重光さん=20日、岩手県岩泉町
 災害対策について話す佐々木重光さん=20日、岩手県岩泉町
岩手県岩泉町の高齢者施設で入所者9人が犠牲となった台風被害から、30日で5年。当時、消防署長として救助活動に当たった町の危機管理監、佐々木重光さん(63)は、全国各地で頻発する自然災害に胸を痛めている。「教訓を伝える責任を全うしたい」。自身.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録