【夏の甲子園閉幕】「新生大会」は道半ば コロナに天候、対策限界

 天候不良で史上最多7度順延となった第103回全国高校野球選手権大会=甲子園球場
 天候不良で史上最多7度順延となった第103回全国高校野球選手権大会=甲子園球場
新型コロナウイルス渦中で開催された第103回全国高校野球選手権大会が29日、閉幕した。日本高野連が感染対策のベースを構築する「新生大会」と位置づけた2年ぶりの夏の甲子園。大会史上初となる不戦敗が生じ、対策の限界を示す結果になった。天候不良に.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録