「対テロ」狭まった自由 9・11から20年、米の変化

 米中央情報局(CIA)前で無人機攻撃に抗議するデモに参加したボブ・ムーアさん(右手前)=2013年3月、バージニア州(本人提供・共同)
 米中央情報局(CIA)前で無人機攻撃に抗議するデモに参加したボブ・ムーアさん(右手前)=2013年3月、バージニア州(本人提供・共同)
2001年の米中枢同時テロで米国は変わった。悲劇の再発防止を最優先し、当局は監視網を強化。重んじてきた個人の自由とプライバシーは狭まった。パキスタンなど各国で主権侵害も辞さず、無人機攻撃と暗殺を繰り返した。20年間の「テロとの戦い」は一体何.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録