影響力健在も尾を引く「負の遺産」/安倍氏退陣表明から1年

 安倍前首相を取り巻く自民党総裁選の状況
 安倍前首相を取り巻く自民党総裁選の状況
自民党の安倍晋三前首相が体調不良で突然の退陣表明をしてから28日で1年。「一議員として仕事をする」としたが、安倍氏の影響力は健在。総裁選の行方を左右するキーパーソンと目される。ただ、安倍氏が途中で引き渡した新型コロナウイルス対応で菅義偉首相.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録