アフガン再びテロの脅威/米軍、最大限の防衛措置

 27日、自爆テロがあったアフガニスタンの首都カブールの空港の外で警戒するタリバン戦闘員(AP=共同)
 27日、自爆テロがあったアフガニスタンの首都カブールの空港の外で警戒するタリバン戦闘員(AP=共同)
【ワシントン共同】米政権の外交・安全保障チームは27日、アフガニスタンの首都カブールの空港周辺で、再びテロの脅威が高まっているとの情報があり「最大限の防衛措置」を取っているとバイデン大統領に報告した。ホワイトハウスが明らかにした。同空港付近.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録