【東京パラ】SV田澤、チーム最多得点 初戦は黒星「動きに硬さ」

 日本―RPC 第3セット、トスを上げる田沢(6)=幕張メッセ
 日本―RPC 第3セット、トスを上げる田沢(6)=幕張メッセ
開催国枠で出場しているシッティングバレーボール(SV)男子代表は、1次リーグ初戦を飾れなかった。チーム最年少ながら最多の6得点と気を吐いた弘前市出身の田澤隼(千葉パイレーツ)は「初戦で動きに硬さがあった。もっと得点し、チームを鼓舞したかった.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録