Free【新型コロナ】県内宿泊割り引き、一時停止 青森県、9月末まで

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、青森県は27日、県民が県内宿泊施設を利用した場合に、最大5千円を割り引く「おでかけキャンペーン」を一時停止すると発表した。停止期間は9月4~30日。この間は新規予約分と既に予約した分の割引適用がなくなる。飲食店などのクーポン券も利用できない。8月28日~9月3日に限り、既に予約した分を無料でキャンセルできる。10月の再開を見込むが、事態が改善しない場合は停止期間の延長もあるとしている。

 県内の感染状況の悪化に伴い、8月6日から新規予約を停止していたが、拡大が収まらず、キャンペーン自体の停止に至った。同日までに約8万3千人が予約し、22日までに約4万8千人が利用。9月中の予約は約1万2千人。

 同3日までの宿泊は割引適用となるが、4~30日の宿泊は通常料金。キャンセルは宿泊施設への連絡が必要で、10月以降の宿泊に変更した場合は割り引きが適用される。8月28日~9月30日の予約分は、無料キャンセル期間中であれば、上限5千円で県がキャンセル料を負担して宿泊施設に支払う。

 県観光国際戦略局の堀義明局長は「市中感染に近い状況なので、人流を促すキャンペーンの停止が必要と判断した。秋以降に安心して宿泊できるような環境になってほしい」と述べた。

 民宿の利用が割安になる「農林漁業体験民宿に泊まって青森再発見キャンペーン」、観光タクシーやレンタカーの利用料金を割り引く「くるま旅キャンペーン」も、9月4~30日の運用を停止する。

………………………………………

※地域のニュースはデーリー東北で。
アプリダウンロードはこちら。
https://www.daily-tohoku.news/user-guide-app

お気に入り登録