【新型コロナ】八戸の病床使用率「ステージ4」 将来に備え増床も検討

お盆以降に新型コロナウイルスの感染者が急増している八戸市では27日、病床使用率が51%となり、政府の対策分科会が示すステージ4(爆発的感染拡大)の目安となる50%を超えた。直ちに入院の受け入れが困難になる状況ではないが、市はさらなる感染者の.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録