Free階上町消防団第3分団屯所 12月完成予定 地鎮祭で工事の安全祈願

階上町消防団第3分団屯所の完成イメージ(町提供)
階上町消防団第3分団屯所の完成イメージ(町提供)

階上町消防団第3分団屯所の老朽化に伴う、移転新築工事の地鎮祭が22日、現地の町中央体育館敷地内で開かれた。12月の完成に向け、関係者約20人が工事の安全を祈った。

 受託業者である同町の坂建設工業(坂政和社長)が主催。現在の屯所が築35年経過して更新が必要となり、車庫の拡張なども合わせて行うことで、出動時の利便性向上を図る。さらに、地域交流の場としての期待も高まっている。

 新屯所は木造平屋で、床面積約130平方メートル。総工費は約4673万円。 地鎮祭には、浜谷豊美町長や坂社長、消防団員らが出席し、安全祈願の神事を行った。

 取材に対し、内城孝男町消防団長は「新たな屯所が地域の防災拠点となるよう、われわれも心新たに山林火災予防などに努めたい」と意気込んだ。

………………………………………

※地域のニュースはデーリー東北で。まずはアプリをダウンロードしてお試しください。無料コンテンツもたくさんあります。
https://www.daily-tohoku.news/user-guide-app

お気に入り登録