分裂の山口組、6年やまぬ抗争 コロナ禍で活動自粛も

 3分裂した山口組
 3分裂した山口組
国内最大の指定暴力団山口組が分裂して27日で6年となる。各組織は構成員の高齢化が進み、新型コロナウイルス感染拡大の影響で活動を自粛する傾向にあるが、抗争とみられる銃撃事件などは後を絶たず、対立収束への見通しは不透明だ。 「パーン」。5日午前.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録