在宅勤務定着、オフィス縮小へ 東京拠点の企業、賃料下押し圧力

 都内オフィス見直しの動き
 都内オフィス見直しの動き
新型コロナウイルスに伴う在宅勤務の定着で、大手企業が東京都内のオフィスを相次いで縮小している。空室率が上昇すれば、賃料の下押し圧力は強まる。共同作業や交流ができる場所を充実させるなど、出社目的に合ったオフィスに改装する動きもある。 Zホール.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録