【競泳】終盤我慢比べ、狙いぴたり 鈴木、会心の逆転「金」

 男子100メートル自由形(運動機能障害S4)で優勝し、金メダルを手にする鈴木孝幸=東京アクアティクスセンター
 男子100メートル自由形(運動機能障害S4)で優勝し、金メダルを手にする鈴木孝幸=東京アクアティクスセンター
50メートルのターンを終えて先行するベジャト(イタリア)との差は体一つ分以上に開いた。万事休すかと思われたが、ここからの追い上げが真骨頂だった。男子100メートル自由形で逆転金メダルの鈴木は「自分としては粘るという感じ。向こうが先に落ちてく.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録