小型巻き網船団、操業めど立たず 貨物船の重油流出「今は様子見」

小型巻き網船団によるセグロイワシの水揚げ=2020年10月9日、八戸市第1魚市場
小型巻き網船団によるセグロイワシの水揚げ=2020年10月9日、八戸市第1魚市場
例年は秋から初冬に盛期を迎える八戸前沖でのセグロイワシ(カタクチイワシ)漁が危ぶまれている。唯一操業する小型巻き網船団は、一時の乗組員不足のピンチを乗り越えて漁期に備えていたが、主な漁場となる八戸市市川付近の沖合は現在、座礁した貨物船から漏.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録