ルース生誕の地で初登板 先発で最低限の責任、大谷

 オリオールズ戦に先発登板したエンゼルス・大谷=ボルティモア(共同)
 オリオールズ戦に先発登板したエンゼルス・大谷=ボルティモア(共同)
ベーブ・ルースの生誕の地で、メジャー4年目で初登板した。エンゼルスの大谷は1918年のルース以来の「2桁勝利、2桁本塁打」へ小休止したものの、先発投手として最低限の責任を果たし「打たれはしたが、そんなに前回とは変わらず良かった」とさばさば振.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録