ピーマン、スナップエンドウ栽培盛ん 三八地域、高齢化による作業負担軽減

生産が年々増加する軽量野菜。新郷村で開かれたピーマンの現地実習では、生産者が栽培方法などに理解を深めた=20日、同村 
生産が年々増加する軽量野菜。新郷村で開かれたピーマンの現地実習では、生産者が栽培方法などに理解を深めた=20日、同村 
青森県三八地域で、ピーマンやスナップエンドウの生産が拡大している。ともに需要が安定しているほか、軽量で高齢者や女性でも収穫作業がしやすく、大規模な資材も不要の作物とあって、生産者数は右肩上がりの状況。同地域の2020年生産量もピーマン183.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録