時評(8月26日)

33歳のスリランカ人女性が名古屋出入国在留管理局の施設で死亡した問題は、あまりにもひどい日本の入管行政の実態を浮き彫りにしている。 出入国在留管理庁の調査報告書は「危機意識に欠けた」と入管職員の意識改革を求め、名古屋入管局長ら4人が処分され.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録