【夏の甲子園】盛岡大付の渡辺、勢い止められず

 近江戦に3番手で登板し力投する盛岡大付・渡辺=甲子園
 近江戦に3番手で登板し力投する盛岡大付・渡辺=甲子園
1、2回戦で完封していた盛岡大付の渡辺は、0―3の三回途中から登板した。九回まで投げ切ったものの、勢いづいた近江打線に4点を奪われ「打者にいい流れを持っていくことができなかった。悔しい思いもある」と唇をかんだ。 自らを厳しく律する性格。寮で.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録