【解説】社会に影響甚大、極刑選択 工藤会トップに判決

特定危険指定暴力団工藤会トップの野村悟被告に死刑を宣告した福岡地裁は、直接証拠がなくても、間接証拠の積み重ねで上層部の関与が認定できると判示した。その上で、組織的な一般市民襲撃による社会への甚大な影響を踏まえ「首謀者」に極刑で臨む必要がある.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録