【次期衆院選】野党候補者一本化へ努力/社民青森県連

社民党青森県連(今村修代表)は24日、青森市で常任幹事会を開き、次期衆院選で県内全選挙区の野党候補者一本化に向けて努力する方針を確認した。独自候補擁立は断念した。次回から常任幹事会を選挙対策委員会に切り替え、対応を本格化する。 常任幹事会に.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録