シリア難民ら、希望の一歩 3Dプリンターで義肢

 「国際医師協会」(AID)のヤシャル・タタル医師=7月26日、トルコ・イスタンブール(共同)
 「国際医師協会」(AID)のヤシャル・タタル医師=7月26日、トルコ・イスタンブール(共同)
長期化したシリア内戦で150万人以上が一生治らない障害に苦しみ、8万6千人以上が手や脚を失ったとされる。隣国トルコに、3Dプリンターで義肢を製作、シリアの難民や患者に無償提供している非政府組織(NGO)がある。従来より短時間で安価に作れる利.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録