【東京パラ】難病再発リスクに葛藤も 陸上の伊藤、集大成控え

 パラ陸上世界選手権の男子100メートルに出場した伊藤智也=2019年11月、ドバイ(共同)
 パラ陸上世界選手権の男子100メートルに出場した伊藤智也=2019年11月、ドバイ(共同)
障害を乗り越える瞬間は来ない。東京パラリンピックの陸上(車いす)で3大会ぶりの金メダルを狙う伊藤智也(バイエル薬品)は「再発、寛解を繰り返して進んでいく病気」と自ら語る進行性の難病、多発性硬化症とともに生きている。58歳で迎える集大成の舞台.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録