独禁法、何のためにある? 久慈東高で公取委主催の教室

公取委による立ち入り検査、事情聴取を寸劇で紹介する職員と高校生
公取委による立ち入り検査、事情聴取を寸劇で紹介する職員と高校生
公正取引委員会事務総局東北事務所(今野敦志所長)は20日、岩手県立久慈東高(髙橋克壽校長)で「独占禁止法教室」を開いた。情報ビジネス系列の2年生69人が市場経済や競争について学び、公取委や独禁法の役割に理解を深めた。 同事務所の深谷周平係長.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録