【新型コロナ】「自治体との連携が鍵」 カクテル療法、各地で始まる

 新型コロナウイルス患者の男性(右)に「抗体カクテル療法」を行う医師=13日、愛知県豊明市の藤田医大病院(同大提供、画像の一部を加工しています)
 新型コロナウイルス患者の男性(右)に「抗体カクテル療法」を行う医師=13日、愛知県豊明市の藤田医大病院(同大提供、画像の一部を加工しています)
新型コロナウイルスの重症化防止に効果がある抗体カクテル療法の活用が各地で始まっている。愛知県の藤田医大病院では23日までに、1泊2日の短期入院での治療を51人に実施。発症初期の投与が効果的とされるため感染の早期把握が必要で、医師は「自治体と.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録