【連載・スタートライン】ゴールボール 天摩由貴(上)

県立八戸盲学校中学部時代の天摩由貴さん(左)と三浦亜紀教諭(三浦さん提供)
県立八戸盲学校中学部時代の天摩由貴さん(左)と三浦亜紀教諭(三浦さん提供)
ゴールボール女子日本代表主将として、3度目のパラリンピックに挑む天摩由貴。根っからの負けず嫌いで、努力家の少女は身体的な“ハンディ”を物ともせず、さまざまなことに挑戦を続けてきた。天摩が小、中学校時代を過ごした青森県立八戸盲学校の恩師は、今.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録