レスリング男子個人、工大一勢が2階級で準々決勝へ/北信越インターハイ

【レスリング男子個人125キロ級3回戦】工大一の永野颯大(右)が有元颯(兵庫・猪名川)の背後を取る=23日、おおい町総合運動公園体育館
【レスリング男子個人125キロ級3回戦】工大一の永野颯大(右)が有元颯(兵庫・猪名川)の背後を取る=23日、おおい町総合運動公園体育館
全国高校総体「輝け君の汗と涙 北信越総体2021」は23日、福井県で自転車とレスリングの計2競技が行われた。 青森県勢はレスリング男子個人で51キロ級の小川大輝(工大一)、125キロ級の永野颯大(同)が準々決勝進出。登山団体では男子の工大一.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録