色づく稲穂、トンボ悠々 ひんやり「処暑」秋の気配

八戸市内の水田ではトンボが飛んだり、羽を休めたりする姿が見られる=22日、同市松館
八戸市内の水田ではトンボが飛んだり、羽を休めたりする姿が見られる=22日、同市松館
23日は二十四節気の一つの「処暑」。暑さが落ち着き、秋へと向かう時季とされる。八戸市内では22日朝、ひんやりとした空気の中でトンボが飛び回るなど、秋の気配が感じられた。 最高気温が25・9度と例年並みだった22日、同市では、秋空を思わせるう.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録