【河野行革相が正念場】接種完了へ綱渡り 政権の命運を左右

 ワクチン接種を巡る主な課題
 ワクチン接種を巡る主な課題
新型コロナウイルスワクチンの調整役を担う河野太郎行政改革担当相が正念場を迎えている。高齢者への接種は7月末の完了目標を「おおむね達成」したものの、供給を巡り自治体との連携不足を露呈。今後は若者世代の接種敬遠も見込まれる。菅義偉首相が掲げる「.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録