青森県産米、主食用値下がり続く 前年比2割減 コロナで外食需要減

青森県産米の価格の推移
青森県産米の価格の推移
新型コロナウイルスの影響で主食用米の値下がりが続いている。外食産業の需要が回復せず、業務用の引き合いが強い青森県産米の「まっしぐら」と「つがるロマン」の2品種も打撃を受ける。2020年産の6月相対取引価格は、まっしぐらが60キロ当たり1万1.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録