天鐘(8月22日)

取材旅行などで何度も乗っていながら、飛行機は大の苦手だった。脚本家、エッセイストの故・向田邦子さんである。離着陸のときはとても平静ではいられなかったそうだ▼験を担いで、いつも部屋をあえて普段通りのままにして乗り込んだ。皮肉にもその飛行機事故.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録