【ウーバー日本進出5年】成長優先、ルール軽視 行政、配達員と強まる摩擦

 料理宅配サービスの国内シェア
 料理宅配サービスの国内シェア
料理宅配サービス「ウーバーイーツ」が日本に進出して9月で5年となる。新型コロナウイルス流行で外食機会が減る中、今や生活に欠かせない社会インフラのような存在になった。ただ成長優先でルールを軽視した経営姿勢は常に物議を醸し、行政や配達員との摩擦.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録