【貨物船座礁】23日にも重油抜き取り開始 9月末の完了目指す

八戸港沖で座礁した貨物船。船首側の燃料タンクに残る重油の抜き取りは早ければ来週中にも始まる=20日午後2時半ごろ
八戸港沖で座礁した貨物船。船首側の燃料タンクに残る重油の抜き取りは早ければ来週中にも始まる=20日午後2時半ごろ
八戸港沖でパナマ船籍の貨物船「クリムゾン ポラリス」(3万9910トン)が座礁した事故で、船の管理会社などは20日、二つに割れた船体の船首側に残る重油の抜き取り作業について、23日にも開始する考えを明らかにした。抜き取り完了は9月末になる見.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録