Free晴天の下、水上スポーツ満喫 階上・大蛇漁港でSUP体験会

晴天の下SUPで階上町の海を堪能する参加者
晴天の下SUPで階上町の海を堪能する参加者

階上町や地元漁協などで組織する町水産振興協議会(荒谷正壽会長)はこのほど、同町大蛇漁港でスタンドアップパドルボード(SUP)体験会を開いた。講師は、八戸市のアウトドア専門店「リバーランズ」の戸川拓馬代表が務めた。町内からの参加者5人は晴天の下、交流を深めながら町の海を堪能した。

 町の水産資源を活用した体験観光型イベントの展開を目的に開催し、今回で3回目。参加者は陸上でパドルの使い方やボードへの乗り方を教わり、まずは立ち膝で海へ。練習で感覚をつかんだ後、ボードの上に立ち上がり、右へ左へとパドルを動かした。

 慣れないうちは落水することもあったが、次第に大きくこぎ出せるようになったり、ペアで協力して海上を進んだりと短時間で上達。参加者は風を受けながら水上スポーツを楽しんだ。

 初めて参加した、同町のグラフィックデザイナー出貝智子さん(28)は「こつをつかむと、どんどんできるようになって楽しい。小さな魚が泳いでいるのも見えて、自然を満喫できた」と笑顔を見せた。

お気に入り登録