偽物半導体が大量流通 民間調査では「3割超」

 X線検査装置で撮影した半導体内部を調べる沖エンジニアリングの従業員=18日、東京都練馬区
 X線検査装置で撮影した半導体内部を調べる沖エンジニアリングの従業員=18日、東京都練馬区
世界的な半導体不足を受けて、製品に記されたメーカー名を勝手に書き換えたり、廃家電から抜き取ったりした「偽物」の半導体が大量に流通していることが18日分かった。通常の仕入れ先以外から半導体を買った企業から依頼を受け、沖電気工業の子会社が調査し.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録