「ポスト菅」の動き活発化 早期解散狙い野党攻勢

 衆院解散時期を巡る与野党幹部らの発言
 衆院解散時期を巡る与野党幹部らの発言
自民党内で次期衆院選前の党総裁選先行論が浮上したことを受け、「ポスト菅」を目指し総裁選出馬を模索する動きが活発化してきた。下村博文政調会長や高市早苗前総務相が意欲を示したほか、前回挑戦した岸田文雄前政調会長らも機会をうかがう。野党は、内閣支.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録