違法中国船、日本に漁獲物 禁止手法、人権侵害常態化も

 漁獲したサメからひれだけを切り落とす「フィニング」作業をする中国漁船の船員(画像の一部が加工されています、環境正義基金提供、(c)Environmental Justice Foundation)
 漁獲したサメからひれだけを切り落とす「フィニング」作業をする中国漁船の船員(画像の一部が加工されています、環境正義基金提供、(c)Environmental Justice Foundation)
違法な操業や船員への人権侵害が常態化する多数の中国漁船で漁獲されたマグロなどが、日本の市場に持ち込まれた可能性が高いことが18日、分かった。環境保護団体、環境正義基金(EJF、本部・英国)が、船の位置情報を利用した追跡調査や船員約70人への.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録