公務外災害認定の取消求め、妻提訴 16年、県警警部がパワハラなどで自殺

2016年、青森県警の男性警部=当時(55)=が自殺したのは、長時間勤務や上司からのパワハラなどが起因したとして、妻(56)が地方公務員災害補償基金に公務外災害とした処分の取り消しと公務災害の認定を求める行政訴訟を18日、青森地裁に起こした.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録