ウラン濃縮設備を増強/イラン

【ウィーン共同】国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長は17日、イランが中部ナタンズで、濃縮度最大60%の六フッ化ウラン製造のため、遠心分離機を連ねたカスケードを、以前の一つから二つにしたなどと加盟国に報告した。関係筋が明らかにした。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録