【夏の甲子園】日大東北(福島)、18年ぶりに挑む聖地

日大東北(福島)が18年ぶりの甲子園に挑む。松川主将は「全員が自信を持ち、点差が開いても食らいついて、泥くさく野球をやっていきたい」と大舞台をまっすぐ見据えた。 福島は聖光学院が第101回大会まで13年連続で出場していた。だが、最大のライバ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録