9月上旬解散、見送りの公算高まる 自民に総裁選先行論も浮上

菅義偉首相が9月上旬の衆院解散を見送る公算が大きくなった。有力とされてきた東京パラリンピック後は、9月12日までの緊急事態宣言と重なるため困難との見方が拡大。自民党内では首相の総裁任期満了(9月30日)に伴う総裁選の先行論が浮上した。複数の.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録