【貨物船座礁】「情報入らない」「生活できない」 先見えず漁業者に怒り

海岸に散乱した座礁船の救命艇や積み荷=17日午後2時すぎ、おいらせ町の百石漁港周辺
海岸に散乱した座礁船の救命艇や積み荷=17日午後2時すぎ、おいらせ町の百石漁港周辺
八戸港沖で発生した貨物船の座礁事故から18日で1週間。重油の流出は依然として続き、八戸市では近海の定置網漁が休止に追い込まれるなど、水産分野への影響が日に日に色濃くなっている。盆休みが明け、17日に再開した市第2魚市場はがらんとし、事態の深.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録