【衆院青森2区】「選挙初挑戦」同士の争い 大島氏引退で構図変化

自民党現職の大島理森衆院議長の引退により、次期衆院選青森2区は新人3人による戦いに切り替わった。上から順に、自民から出馬する神田潤一氏(右)、立憲民主党の高畑紀子氏(右)、共産党の田端深雪氏(左)。写真はコラージュ
自民党現職の大島理森衆院議長の引退により、次期衆院選青森2区は新人3人による戦いに切り替わった。上から順に、自民から出馬する神田潤一氏(右)、立憲民主党の高畑紀子氏(右)、共産党の田端深雪氏(左)。写真はコラージュ
10月21日に任期満了を迎える次期衆院選の青森2区は、12選を重ねた自民党現職の大島理森衆院議長の電撃的な引退表明により、いずれも選挙初挑戦となる新人3人の戦いに切り替わる。大島氏の後継として、17日に会社役員の神田潤一氏(50)が出馬表明.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録